教室員紹介
Introduction to research department

プロフィール

准教授

今野 弘規 Imano Hironori

所属・職名
大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座 准教授
学位
博士(医学)(筑波大学)
専門分野
循環器疾患(脳卒中、虚血性心疾患)の疫学・予防医学
研究テーマ
地域・職域における循環器疾患と身体・環境要因の疫学研究
血栓形成性、血圧、血清脂質、耐糖能に関する疫学研究
今野 弘規
■略歴
1993.3
筑波大学医学専門学群 卒業
1997.3
筑波大学大学院医学研究科博士課程環境生態系専攻 修了
1997.4
筑波大学大学院医学研究科博士課程環境生態系 研究生
1997.6
大阪府立成人病センター集団検診第I部 医員
2001.4
大阪府立健康科学センター健康開発部 医長
2006.4
大阪府立健康科学センター健康開発部 主幹兼医長
2009.4
大阪大学大学院医学系研究科社会環境医学講座公衆衛生学 助教
2016.2
大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座公衆衛生学 准教授
■所属学会

日本公衆衛生学会・代議員
日本疫学会・事務局長・代議員
日本循環器病予防学会・評議員
日本脳卒中学会
日本衛生学会
日本動脈硬化学会
日本ヘモレオロジー学会
日本血栓止血学会
日本バイオレオロジー学会

■受賞歴

日本公衆衛生学会研究奨励賞 (2009.10)

■Grant

武田科学新興財団研究助成 2010年度 医学系研究奨励

■最近の主要著書・論文
  • 我が国の高血圧の疫学. 今野弘規, 磯博康. 日本臨牀 2014;72(6 suppl.):14-19.
  • わが国のNCDリスクにかかわる研究体制と対策の現状.今野弘規, 丸山皆子, 磯博康. 公衆衛生 2014;78:324-330.
  • 脂質異常症の疫学 トリグリセライド. 今野弘規, 磯博康. 臨床栄養 2013;122:685-690.
  • Imano H, Iso H, Kiyama M, Yamagishi K, Ohira T, Sato S, Noda H, Maeda K, Okada T, Tanigawa T, Kitamura A, The CIRCS Investigators. Non-fasting blood glucose and risk of incident coronary heart disease in middle-aged general population: The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS). Prev Med 2012;55:603-607.
  • Imano, H. Kitamura, A. Kiyama, M. Ohira, T. Cui, R. Muraki, I. Shimizu, Y. Umesawa, M. Maeda, K. Ido, M. Okada, T. Nakamura, M. Noda, H. Yamagishi, K. Sato, S. Tanigawa, T. Ishikawa, Y. Iso, H. Usefulness of skinfold thickness measurements for determining body fat distribution and disease risk for Japanese men and women. In: Preedy VR, editors. Handbook of Anthropometry. Physical Measures of Human Form in Health and Disease. New York: Springer, 2012:2667-2678.
  • 今野弘規, 磯博康. 動脈硬化リスク因子のupdate トリグリセライド. 循環器内科 2011;70:143-147.
  • Imano H, Noda H, Kitamura A, Sato S, Kiyama M, Sankai T, Ohira T, Nakamura M, Yamagishi K, Ikeda A, Shimamoto T, Iso H. Low-density lipoprotein cholesterol and risk of coronary heart disease among Japanese men and women: The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS). Prev Med 2011;52(5):381-386.
  • 今野弘規,他. 血清総コレステロール値と脳梗塞リスク. 動脈硬化予防 2010;8:28-33.
  • 今野弘規,他. 慢性腎臓病と心血管イベント. Vascular Lab 2009;6:598-602.
  • 今野弘規. 研究室紹介151 大阪大学大学院公衆衛生学. 血圧 2009;16:1014-1015.
  • 今野弘規, 他. 特集/脳卒中診療 Up-date 危険因子の変遷は日本の脳卒中をどう変えたか? 成人病と生活習慣病 2009;39:849-854.
  • 今野弘規. CIRCS(Circulatory Risk in Communities Study)研究[4] -血小板凝集能に関わる身体・生活要因. 血栓と循環 2009;17:133-135.
  • Imano H, Kitamura A, Sato S, Kiyama M, Ohira T, Yamagishi K, Noda H, Tanigawa T, Iso H, Shimamoto T. Trends for blood ressure and its contribution to stroke incidence in the middle-aged Japanese population The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS). Stroke 2009;40:1571-1577.
  • 今野弘規. MCFANによる血液流動性と健康診断所見との関連. Pharma Medica 2007;25:213-216.
  • Imano H, et al. Leukocyte count is an independent predictor for risk of acute myocardial infarction in middle-aged Japanese men. Atherosclerosis 2007;195:147-152.
  • 今野弘規, 他. 高血圧治療ガイドライン(2000年版)による新しい血圧分類と循環器疾患発症との関連についての追跡調査研究. 健康管理事業団研究助成論文集2003 ;XIX:51-62.
  • Imano H, et al. Determinants of platelet aggregation in 50-70-year-old men from three Japanese communities. Atherosclerosis 2002;165:327-334
  • 今野弘規, 他. 健常日本人における魚摂取が血小板の機能、数、代謝に及ぼす影響. 日衛誌. 1999;
  • 今野弘規, 他. 地域住民における血小板凝集能と身体・生活要因との関連. 日本公衛誌 1998;45:536-551.

このページのトップへ

動画配信

磯教授からのメッセージ
このページのトップへ